抜けた歯を補う

神奈川でインプラント治療する方は必見です|ライオンインプラントセンター

あごの骨を使って人工の歯を埋め込む歯科技術があります。それがインプラントです。
この方法だと歯がしっかり固定され、違和感のない噛み合わせが実現できます。
入れ歯の場合は、噛み合わせが悪いことやしっかりと固定できずにガタガタすることがありますが、そうした不具合が生じません。
また、入れ歯は取り外して毎日洗浄を行う手間が発生します。さらに、どんなに清潔に保っても臭いが発生しがちです。
入れ歯と比べると、あごの骨に人工歯を固定する治療法なので、取り外して洗浄する手間がなく、通常の歯と何ら変わらない状態で扱うことができるのが魅力です。毎日のケアも歯磨きで補えます。

インプラントを受けるためには、あごの骨が重要ですが、骨に深さや幅が足りない場合は施術が難しくなります。
しかし、骨移植により施術が可能となるので安心してください。
骨移植の方法は、自家骨移植と人工骨移植の2通りあります。
自家骨移植の場合は、自分の骨の一部をあごの骨として移植する方法です。
その際、腰骨や脛の骨などが採取されて、あごの骨として移植が行われます。
自分自身の骨を使うので、拒絶反応を起こす心配がなく安心です。
人工骨移植の場合は、ハイドロキシアパタイトやリン酸カルシウムなどの成分を自家骨と混ぜあわせて代用品を作る方法です。
このような方法によって、あごの状態が不安な場合でも施術が可能です。自分に適した施術を知るために、まずは歯科で相談をしてみてはいかがでしょうか。

取り付け方法

インプラントには、1回法と2回法という2通りの取り付け方があります。どちらの場合でも、あごの骨に不安がある場合は骨移植をして強化をした後に取り付けることが可能です。

  • 子供が安心して通えることで人気がある矯正歯科が奈良にあります。歯並びを早い段階から矯正して綺麗な歯にしてあげよう。
  • GBR法

    骨の量を増やしてインプラントの施術を可能にする骨移植は、「GBR法」と呼ばれています。特殊な人工膜を使って骨の再生を促す方法です。この方法により骨が再生され、インプラントの施術が可能となります。

    歯周病

    歯周病がある場合は、インプラントの治療が難しくなります。しかし、歯周病を治せば治療が可能となります。歯周病であごの骨が小さくなったケースでは、骨移植をして治療を実現します。

    違い

    抜歯後の治療では、インプラントで骨移植をして丈夫な歯を作ることが可能です。それ以外ではブリッジ法という治療法があります。この2つの治療法の違いについて説明します。