GBR法

あご骨の幅が小さい場合や、骨が小さく高さが足りない場合などは、インプラントが施せません。
しかし、骨の再生を図る治療法を受けることで可能となります。
骨を再生する治療法を、「GBR法」といいます。骨移植により取り付けを可能にする方法です。
GBR法では、特殊な人工膜を使って骨を作り上げるスペースの確保を図ります。そしてそのスペースに骨の量を増やしていくのです。
作られたスペースには、粉砕した自信の骨を骨移植すれば、骨が生成されて丈夫なあごの骨を生成することができます。
自分の骨を入れる以外では、骨補填材を使って骨移植する方法もあります。

インプラントは、長い治療期間を必要とします。そのため、短期間で治療を終えたい人には向いていないでしょう。
短期間にこだわるなら、入れ歯の治療が適しています。
入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯の2つがあります。部分入れ歯の場合は、健康な歯に留め具を引っ掛ける方法です。入れ歯の治療法は、保険適用の治療なので比較的低価格で済むことが魅力です。
期間や予算面を考えるなら、入れ歯の治療を考えてみましょう。
しかし、入れ歯は噛み合わせに不具合が生じがちです。強い噛み合わせができないという欠点があります。
インプラントなら、健康な歯と何ら変わりのない強い噛み合わせが実現できます。骨移植で骨を丈夫にすることも可能です。
治療が長くかかる分、完成度の違いは一目瞭然です。長い目で見れば、入れ歯よりもインプラントを受けることをおすすめします。