歯周病

インプラントの治療費は、保険適用外のため通常の治療と比べると高額となります。
しかし、しっかりとした噛み合わせが実現できるためそれだけの価値があるものです。
外傷や腫瘍によりあご骨の欠損があり、骨移植を希望する場合は、例外的に保険が適応されるケースがあります。
インプラント治療の際に、骨移植が必要と判断されたら、骨が小さい理由が事故や病気による場合は、相談をしてみましょう。
保険が適用されて、低価格で骨移植の治療が行える可能性があります。

歯周病を持っている場合、インプラントが受けられません。歯周病の歯に施術を行っても、歯の寿命が短くなり充分な効果を得ることができないためです。
その場合は、まず最初に歯周病の治療から始まります。歯周病をきちんと治してから、インプラントの治療に入っていきます。
歯周病がある人は、まずはその治療に専念しましょう。
歯周病により、骨が失われている場合、骨移植による方法が取られることもあります。その他には「GTR法」という治療法により骨の生成を図ることができます。
この治療法を受ける場合は、歯1、2本の施術で5~20万円の費用が必要です。どの部分に施術を行うかで料金は違ってきます。
歯周病の治療を経れば、インプラントが可能です。歯周病の影響であごの骨が小さくなるケースも稀にあります。
そうした場合は、骨移植による施術を行い治療を実現します。
歯周病を持っているからといって、治療を諦める必要はありません。的確な段階を踏めば、歯の健康を取り戻せます。