違い

インプラントの治療法が出てくる前は、主にブリッジ法による治療が一般的でした。
ブリッジ法は、抜歯した両側の健康な歯を削り、覆いかぶせるように人工歯を埋める技術です。入れ歯のようなガタつきがないので、歯が1、2本抜けた場合にはよく行われています。
しかしこの技法は、健康な歯を削らなければいけないため、抵抗を感じる人もいるでしょう。そうした抵抗を感じるなら、インプラントでの治療がおすすめです。
なぜなら、健康な歯を削ることなく治療ができるからです。
インプラントはあごの骨を使い、抜歯部分だけで治療を行うので両側の健康な歯がダメージを受けずに済むのです。
あごの骨が小さい場合は、骨移植をして治療を可能にします。骨移植をする場合も、大抵の場合は自分の骨を使って骨移植をするので拒絶反応がなく、安心です。
たとえ自身の骨が使えない場合があっても、人工骨移植により治療が実現できます。

治療で気になるのは治療費でしょう。インプラントの治療費の相場は、どのくらいなのでしょうか。
自由診療のため、歯科によって料金には違いがあります。保険適応外の治療なので、どうしても高額となることが多いようです。
平均費用としては、1本あたり約32万の治療費がかかるといわれています。
予算の工面が難しい場合は、比較的格安となるブリッジ法を選ぶ人もいます。
しかしながら、長い目でみると噛み合わせの強い丈夫な歯を実現するインプラントの治療がおすすめです。
骨移植してでもその治療法を選ぶ人も多くいます。