取り付け方法

インプラントの取り付け方法には、「1回法」と「2回法」の2つの方法があります。
1回法は、あごの骨に取り付け金具を埋め込み、その上部を粘膜で覆います。その後、あごの骨と金具が浸透する期間を設けます。
期間としては、上のあごの場合4~6ヶ月、下のあごの場合は2~3ヶ月程度です。そのため、長期にわたる治療期間が必要です。じっくりと時間をかけることで、優れた噛み合わせを実現することができるのです。
こうした長い期間を経て、浸透しているのが確認できると、義歯の作成のために型を取ります。
義歯ができあがれば、あごに取り付けていた金具に装着して完了です。
2回法は、粘膜で覆うまでは1回法と同じです。その後浸透が確認できると、粘膜の切開を行い、その上に部品を取り付け義歯の作成を行います。浸透のために待つ期間は、1回法と同じ期間で上あごの場合は4~6ヶ月、下あごの場合は2~3ヶ月程度です。
インプラントの1回法と2回法の大きな違いは、メスが入る回数です。

入れ歯の治療に比べ、しっかりした噛み合わせが叶うので治療後も普通の歯と何ら違和感のない環境が叶います。
そのため、近年ではインプラントの治療法を選ぶ人が増えています。
しかし、それにはあごの骨がしっかりとしていることが重要です。
万が一、骨が弱い場合は骨移植により治療が実現できます。
骨移植にも種類があり、自分の骨を移植する骨移植、人工の骨を移植する骨移植の方法があります。